スタッフ紹介

ワリンソーン・サムリッポン

スパイス・マーケット・シェフ - アナンタラ・サイアム・バンコク

スパイス・マーケットの厨房を仕切っているのはカリスマシェフの呼び声高いワリンソーン・スムリッポン。17年前に見習いとして入社し、以来当店一筋で働いています。北東部で育種されたタイの牛とフランスの牛の混血種の牛肉、タイ湾岸の川エビ、バーンフェウのココナツ、受賞歴のあるスアンサムプラーンのチョウマメなど、食材を自らの手で調達し、細心の注意を払って調理する姿勢が評価され、スパイス・マーケットはバンコク屈指の本格タイ料理レストランという評価を受けるまでになりました。

ワリンソーンは1997年にバンコクの有名料理学校で正式な料理の勉強を始め、市内の様々な5ツ星ホテルの厨房で研鑽を積みました。その後、バンコクのデュシタニ・カレッジに通学し、厨房・飲食店経営を学んで経営学士号を取得しましたが、在学中に業務経験を買われて当店に紹介され、卒業後に正社員として迎えられました

スパイス・マーケットは36年以上にわたって営業を続けていますが、ワリンソーンはその「秘訣」を細部へのこだわりだと言います。「あらゆる点に細心の注意を払います。また食のトレンドを予測し、常に新しいものを提供しています。リピーターの方に喜んでいただくこと、それが何よりも大切です。」

当店はタイの伝統料理で有名ですが、ワリンソーンはその伝統を守りつつもわずかに変化を加え、時には意外な食材を使ってメニューの目新しさを保っています。スタッフのトレーナー役を務め、レストランと厨房を専任で担当していることから、当店ならではのおもてなしの流儀を体現する存在です。

ワリンソーンの在任中にスパイス・マーケットはBangkok Best Dining and Entertainment Magazineから優秀タイ料理店認証を受け、またTripAdvisorではバンコク在住者が選ぶ「バンコク最高のタイ料理店」に選定されて、店もシェフ本人も最高の栄誉に浴しました。

営業時間
ランチ
午前11:30〜午後2:30
ディナー
午後6:00~午後10:30
サンデーブランチ
午前11:30〜午後3:00